消費カロリーと摂取カロリー

消費カロリーと摂取カロリーの関係 

ダイエットをする上で、避けて通れないのが、消費カロリーと摂取カロリーの問題です。本来、太る・痩せるの仕組みはとても簡単で、消費カロリーより摂取カロリーが上回れば燃焼されなかったカロリーが体内に蓄積して太る、消費カロリーが摂取カロリーより上回れば食べたもののエネルギーが全て活動に使われるので余計なものが身体に残らず痩せる、というようになっています。ですから、痩せたいのであれば単純に、食べ物でとったカロリー以上の運動を心がければいいというわけです。

 

ウォーキング、ジョギング、筋肉トレーニング、水泳、ダンス・・・・・・こういった運動を習慣的に行っていれば、消費カロリーは常に高く保てるので、食べても太りにくいでしょう。また、筋肉がついていて基礎代謝が高い人は、何もしていなくてもカロリーを消費していくことができるので、特別な運動を心がけなくても太りにくいと言われています。もし運動などが難しいなら、少しだけ摂取カロリーを減らしてみるのもいいでしょう。

 

白米を豆腐に置き換えたり、三食のうち一食をグリーンスムージーに代えてみるなどすると、一日の摂取カロリーがおさえられるので、いつもどおりの運動量でも痩せやすくなります。